お話だけでなく、文字への関心も『絵本』から

2017.04.22 Saturday
0

     

     

    「小さな頃から英語に親しんでもらいたい」と思っているお母さんにとっては

    いろんな教材が目に入ってきますね

     

    ワールドファミリーのディズニー英語システム(DWE)ももちろんだけれど

    ベネッセのこどもちゃれんじEnglishや、ワールドワイドキッズイングリッシュ

    NHKのえいごであそぼの教材なんかも人気です

     

    中央出版やアルクなどからも幼児向け英語教材は販売されている

     

     

    さて、あなたはどれを使ってますか?

     

     

    どの英語システムを使っていても、やはり将来的には

    自分で英語を読んだり書いたり、話したりできるようになることが目的

     

    じゃあ、どうやって子ども達の関心を『Reading』に向けるの?

     

     

     

    それはやっぱり英語絵本が一番じゃないかな。と私は考えます

     

     

    絵本は日本語のものと同じで、文字が読めなくてもイラストでそのお話のストーリーや雰囲気などを子どもは感じることができます

    そして、同じ絵本を何度も読んでもらっているうちに、音(単語)を繰り返し聞いて、イラストやその場の感情などと結びつけて覚えることができる

     

    リズムのある絵本などは、2,3回読むともう覚えてくれていたりしますね

     

    それじゃ、どんな絵本がいいのかな?

    英語の絵本にもテッパンってあるの?

     

    どうやって読むといいのかな?

     

    英語絵本に興味が出てきたら、ぜひこれを読んでもらいたいな

     

    Amazonで購入→英語の絵本 読み聞かせスタートブック[CD付] 

     

     

    私もサークルのメンバーさんに教えてもらった本なのだけど、今や私の絵本選びの指針となってます

    この本に載っている絵本を全部集められたら、楽しいだろうなぁ

     

    ほらね、こんな感じ

    ↑にもあるBEARS IN THE NIGHTはASH(長男)の超お気に入り

    これで、UnderやOver、Throughなどをマスターしたよ

     

    #絵本の選び方

    #英語絵本

    #繰り返しが大好き


     

     


     

    英語の絵本 読み聞かせスタートブック[CD付] 

     

    おすすめ絵本comments(0)|-|by sawo(さお)
     

    ページの先頭へ